生前葬

生前葬とは?

生前葬とは、まだ元気なうちに親しい人を招いてお別れを告げるという生前に執り行う告別式のことです。

生前葬を執り行った場合は、逝去時には家族だけで密葬を行うことになります。

生前葬を行うのは、元気なうちに疎遠な人や大切な人と直接会っておきたい、余命を大事に過ごすための区切りにしたいなどの理由があるようです。

生前葬というお葬式の方法だと、和気あいあいとした雰囲気で、明るく楽しめるという点がメリットかもしれません。

生前葬の流れは、一般的なお葬式とは違い、パーティーのように和やかに進んでいくそうです。

生前葬のメリット

生前葬を執り行う人は増えているようですが、生前葬のメリットは、自分の葬儀を思い通りにプロデュースできて、生きているうちにたくさんの人と会っておけるというところでしょう。

生前葬では、立食パーティーやカラオケ大会など、にぎやかに楽しめる内容が多いため、最後まで明るい流れで進んでいくようです。

生前葬は、知識人や有名人などが、自分の社会的活動に終止符を打つという意味で執り行うことも多いそうです。

生前葬のデメリット

生前葬は全体的に明るい流れで執り行われるパーティーのようなものですが、生前葬にはメリットだけではなくデメリットもあるんでしょうか?

生前葬のデメリットとしては、やはり周囲の人に理解してもらいにくいというところかもしれません。

それに生前葬の場合は、場所や食事の手配など、企画にも手間や時間がかかるので、負担が大きくなってしまうところもデメリットと言えるでしょう。



PAGE TOP